探偵

妻の浮気調査費用無料見積り相談所

 

 

 

 

 

 

夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。
たとえば、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。要望やお願いはいっぱいありますが、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。

 

 

男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、妻としての外見への心配りも怠らず、女らしいふるまいを心がければ恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうように思います。

 

探偵の調査能力というのは、会社の規模によるところも大きいです。

 

全国に協業体制を持つ探偵社の場合、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。
また、大規模な業者では相談員や調査員の教育にも積極的で当然ながら調査面にフィードバックされてくるわけです。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査相手の居住地に近い業者に限って探してみると良いでしょう。
土地勘がある調査員がいるほうが調査に有利ですし、克明な報告を得ることができるでしょう。それと、依頼内容次第では向き不向きもあるようですし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か業者に電話確認してみることも大切です。

 

 

どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。

 

でも、浮気をするのは男だけではないでしょう。町内会や仕事先。

 

 

 

子供や自分の習い事。人妻だって出掛けるシーンは数多く存在し、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

 

 

近年、浮気する女性の数が伸びてきているせいか、探偵事務所に相談に訪れる男性も以前ほど珍しいものではなくなってきました。性別にかかわらず不倫している人は、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。
その背景にあるのは、恒常的なストレスがあげられます。

 

 

既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、精神面や体の不調として出てきます。それに、取り残された配偶者もメンタル面の病気になりやすいです。不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。

 

あるいは不倫行為そのものがあってから20年以内だそうです。

 

仮に時効直前でも慰謝料請求訴訟を起こせば、時効はなくなります。

 

 

 

時効になったら元も子もありませんから、その前に訴訟に踏み切ることも選択肢に入れてみましょう。

 

興信所を使うときの代金はまちまちで、時には極端に高い料金を請求してきたりする例もあり、注意が必要です。

 

高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、実際はかなりあいまいです。高いお金を払って、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなどということにならないために、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいは知っておくと良いでしょう。
不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気を止めることができたとしても、再々繰り返す場合があります。
帰宅時間がルーズになったり、携帯にロックをかけるようになったりして、また浮気をしている事実が発覚するのです。もともと最初の浮気への対応が手ぬるかった可能性も高いので、次はないということを実感させるような厳しい措置も考えなければなりません。
昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。

 

お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、劣悪な業者かどうかもクチコミ評価などを見て判断することができます。お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、ただ高いだけのところに依頼するというのも馬鹿げています。結局のところ、質と価格のバランスが良い業者を見つけるのは大事なことです。

 

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるのが、よく効くようです。
一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、悪いことをしている感覚はあまりないというのが現実だったりします。慰謝料を求めることにより、自分たちがしでかしたことの償いをさせるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。
おそらくそれは少し昔の話でしょう。手抜きをしたってお客にはわからないからです。
近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかは利用者の口コミなどを見ればわかると思います。

 

 

 

代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、ただ高いだけのところに依頼したってしょうがないので、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つけるのは大事なことです。

 

 

 

不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。

 

 

 

だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。

 

 

証拠さえ入手すれば、もう、思う存分、相手を追い込んでやることができますからね。

 

ときには浮気の相手方の職場やPTA、配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。

 

ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。
不倫の行動追跡調査で、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を顧客に売却する探偵の行動が非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。今時の業者は探偵業法のもとで営業しており、違法な仕事をすることはありません。

 

 

 

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、不当な行為を働く業者による問題を防止するべく制定されたものです。

 

複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。
その中で、相場より安く請け負うところや一律価格を謳う会社が増加する傾向にあります。とはいえ、オプションがついたりすることもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、探偵に依頼する際は、契約前に疑問点について説明してもらい、あとで後悔することがないようにしましょう。

 

質問への答え方で会社の信頼度もわかると思いますよ。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。
親子関係では非常に重要な手続きとなります。不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは裁判になることもあります。

 

 

 

そのような事態に陥る以前に関係を解消できなければ、長い将来にわたって多大な支出が生じる可能性があります。

 

ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、あわてて契約の解除をしようにも、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。やはり、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。ひとつでも納得いかない点がある場合は、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。

 

探偵を雇うには、探偵会社に依頼するのが普通です。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、複数を比較することを強くおすすめします。調査に定価はなくても大体の見込み価格程度はおさえておきたいところです。悪質な価格設定の探偵を見分けるには大事なことだからです。

 

不倫していたことが問題になって離婚するときに揉めて、離婚調停にまで発展する場合もあります。

 

裁判所から任命された調停委員が加わったうえで第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、当事者のみではもつれがちなことでも、円滑で現実的な話し合いになる点で体力的にも精神的にも助かります。

 

 

 

緊張せずリラックスして臨みましょう。
興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に繰り返すことがあります。休日に家族と過ごす時間が減ったり、ふとしたLINEやメールの着信により浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。

 

もともと最初の浮気への対応が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、次はないということを実感させるような厳しい措置が不可欠です。

 

 

 

27歳の公務員(男)です。
一年前に結婚し、同い年の妻がいますが、子供はまだいません。

 

この前、同僚の男との浮気が判明。しかし、妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、謝罪の言葉もなにもありませんでした。

 

 

 

別居のほうがまだマシです。
浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。

 

このままなかったことにするつもりなら、私にも考えがあります。気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。

 

あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。もし、今の家庭環境に不満でも、あらたな恋人と幸せになろうというのは、安直にも程があるのではないでしょうか。

 

 

 

夫婦の間で生じた不満なら、不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。冷静になって悔やんでも始まりません。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。

 

 

 

意外とそんな人は多いです。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要はないようにも思えます。

 

 

離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしてもメリットはあるはずです。

 

もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵業者に調査を依頼することを視野に入れても良いのではないでしょうか。

 

 

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。

 

 

そのような方にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、心の傷を癒し、前進していけるのです。

 

信頼していた相手に裏切られたことで離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、将来に対して消極的に考えてしまうという相談もしばしば聞かれます。離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。初めて探偵社に相談するときは、勇気が要るものです。個人情報を伝えるのが不安なら、実名を伏せた相談に対応している事業者も存在します。
うまく活用して、信頼できそうなところだと感じたら、個人情報を明かすといいでしょう。

 

 

どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。でも、浮気をするのは男だけではないでしょう。パート、PTA、習い事など、女性なりに誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。

 

近頃は女性の浮気が右肩上がりに増えていますし、旦那様側が探偵に相談するケースも増えているようです。

 

調査業務で探偵を雇うときは、ひとまず電話をかけて話をします。

 

 

 

心配なら非表示でかけるのもOKです。相談に応じる職員の態度などを参考に、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、最寄りの営業所まで行きます。

 

 

 

相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、依頼することを決めたら契約書にサインして、調査員へのGOサインが出されます。
浮気がばれると、慰謝料の支払いが発生することもあります。

 

不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。だいたいの支払額ですが、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなどかなりの違いがあります。支払いが無理そうなら、現実的な支払額になるよう相談することはできます。

 

結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、それを元に慰謝料請求するのが驚くほど効果があるそうです。一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、さほど罪悪感を感じていないというパターンが多いです。慰謝料を求めることにより、自分たちがしたことを実感させるわけです。

 

 

 

よくあるサービス業の対価に比べると、不倫調査で探偵を利用するコストはけして安いものではありません。でも、安さ重視で業者を選んでも、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、お金をドブに捨てるようなものです。
理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、すごい料金をとっていても絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは実に悩ましいところです。はからずもご主人の浮気が露見した場合、ベストな対応をするべく、心を落ち着けるのが先決です。もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、離婚と慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。

 

 

夫婦で話し合う時間を確保し、今後のことについて話し合うと良いでしょう。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。
それをベースに探偵の調査手法を取り上げてみました。

 

 

 

普通の調査では、事前にクライアントから話を聞き、追跡します。

 

 

 

いわゆる「尾行」です。相手が警戒していることもありますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って浮気の裏付けをとります。一番明らかな証拠は写真ですね。

 

 

 

どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。

 

 

人が動く範囲は決まっていますから、地域を頭の隅に置いて、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。ある程度の選別ができたら相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。

 

とにかく話を聞いてみなければ、誠実そうな会社かどうかも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。最近はデジタル技術が発達したので、個人でもGPS機能を使えば浮気を簡単に見つけられるようになりました。GPS機能つきのスマホを使わせることさえできれば、かなりの精度で今いる位置を特定できてしまうのです。非合法な方法ではありませんし、独力で浮気を発見するにはGPSが役立つかもしれません。

 

 

 

不倫というのは一生続けられるものではありません。配偶者や職場に浮気がバレた挙句、家族がばらばらになったり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてことだってあります。

 

そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚する例もないわけではありません。
落ち着く先は色々ですが、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。

 

 

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くことは浮気の場合、当然ありえることです。

 

 

気になるのがその金額ですが、先方が離婚するかどうかで変わってくるものです。離婚もしていないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしてください。

 

もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、それは大きな間違いです。この二つには大きな違いが存在するんですよ。
何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。
きちんとした法律に定められているくらい専門的な仕事をこなすのが探偵社です。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、無視することができないファクターでしょう。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、相手の会社ではなく、人の出入りが多いファミレスやカフェで懇談するのも良いと思います。
契約の強要といった事態から身を守るための手段です。

 

 

 

 

浮気調査といえども見ず知らずの探偵に個人に関する情報を安易に知らせたくないと思うのはよくあることです。依頼に先立っての相談段階では個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も多いですし、まず聞いてみることが大事です。その後、調査を依頼するにはどのような会社でも契約が必要です。
必要最低限の個人情報の提供は避けられないでしょう。行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。
不倫行為の証拠といえば、やはり、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。

 

浮気現場にシロウトが踏み込んだり、離婚裁判で採用されるような証拠を手に入れるのは困難でしょうから、興信所を活用することも候補に入れておくといいかもしれません。調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないというわけではなく、たとえば規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしているところも多く、履歴から調査対象である配偶者に知られることもありません。
クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。